--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006
04
13

我が家のブーム

長かった春休みも終わり、やっと我が家が通常状態に戻りました。
その春休みの間に、我が家に二つのブームが沸き起こりました。

その1)サッカーゲーム
と、いってもウイイレでもサカつくでもありません。
これです!
スーパーサッカースタジアム

我が家にはPS2などのゲーム機はありません。
(なぜなら、お子さまそっちのけで私とかみさんがはまることが予測されるためです。)
やはりこれでしょう。
基本的には私が子供の頃に遊んだものと変わりありませんが、スローインやコーナーキック・ゴールキック機能がついています。

確か昔はできなかったよなぁと思い、ぐぐってみました。
すると、私が遊んだのは昭和44年発売の「スーパーサッカーゲーム」であることがわかりました。
【野球盤道場】のサッカー之部より)
非常にシンプルな構成であり、コーナーキックなどの付加機能以前に、スコアボードも付いていません。
選手だけでなくゲーム盤自体がブリキ製のため、ゲーム中はキコキコと金属のこすれる音がひっきりなしにしていた記憶があります。

   で、たまに選手が引っかかったりするんだ、これが。
   赤は具合が悪いから青がいい、とか言ったりして。
   このころは、CRC5-56なんてなかったもんなぁ。


ただし、昭和54年発売の「サッカーゲームDX」では、既にコーナーキック・ゴールキック機能が実装されていたようですが、これは知りませんでした。まあ、このころは既に高校生でしたから、この手のゲームは卒業してましたからね。

で、三十数年ぶりにやったら、おもしろいんですよ、これが。
ゴールキックが飛びすぎて、直接ゴールできちゃうのがちょっと難点ですけど。
つい熱くなって、お子さま相手に本気を出したら、35-3ぐらいのスコアとなって、最後には泣かせちゃいました。(かみさんに怒られること、怒られること)

それから、もう一つの特徴が、これです。
日本代表フィギュア
箱には「日本代表モデル」と書いてありますが、スコアボードにJFAマークが入っている位で、代表でも何でもありません。
この別売フィギュアを勝ってはじめて「日本代表モデル」となるのです。
まあ番号から誰かは推測がつくと思いますが、とにかく「似て~ね~(by関根勤)」
万が一、わからない方はオフィシャルページをご参照下さい。

結局このフィギュア、まだ買ってません。
まあ、似てないのは妥協するとしても、その値段に妥協ができませんでした。
ゲーム本体:3600円
フィギュア:2400円!
買った店にアウェイ版しか在庫がなかったため、お子さまには「やっぱホームじゃなきゃだめだよな」とごまかしてありますが、何時かは買わされるんだろうなぁ。

長くなったので、その2はまた今度。
スポンサーサイト
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

わにわにの毎日

プロフィール


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。