--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006
02
27

鳥のオリンピック

1)鳥のオリンピック
2)取りのオリンピック
3)とりのオリンピック
4)鶏のオリンピック
(以下略)
うちのATOKさんの変換候補です。あんまり興味ないのかしら?
もっとも、バージョンアップしてないATOK17だからな~。2月10日発売のATOK2006なら違ったかも?(そんな訳ない・・・かなぁ。使ってる方、教えて下さい)

ということで、やっと鳥の祭典(だから違うって)が終わりました。
テレビ欄を埋め尽くした『日本チャチャチャ』モードの中継がなくなりってせいせいしました。だーって、日本選手が出る競技全てについて『さあ次は期待の~です。』だもん。
特に『キャスター(何者?何のためにいるの?)』や『ゲスト』は最悪。
競技OBならまだしも、タレントや俳優じゃあ、気が利いたコメントができるわけでもなく、た~だ『トリノの興奮をお伝えします』だけじゃねぇ・・・。

マスコミが騒いだ(まあ視聴率欲しさのためでしょうが)割には、結果が伴わなかった大会でしたね。
ところが、日本のメダルは[荒川:銅、加藤:銅の二つだけ]と予想していたメディアがありました。それは、オリンピック恒例のSports Illustratedのメダル予想です。
このスポーツイラストレイティッド(以下スポ・イラ)、日本で言うと"Number"みたいな総合スポーツ誌です。でもって、その"Number"の予想では、金5、銀7、銅9の計21個だったとか・・・。JOCの目標です5個(直前に8個に修正したという報道もあり)だというのに。
この違いは何なんだろう。
きちんと現実を捉えるか、ただ売れるための企画を考えるかの違いなのかしら?
それとも、今後のつきあいも考えて、JOC他にゴマをすったry)・・・。

ただスポ・イラはきびしい批評専門の雑誌かと言えばさにあらず、シャラポワの水着姿なんてのも企画してます。一部ニュースにも出ていましたが、まもなく発売されるこれ↓。
Sports Illustrated Swimsuit Issue 2006 (Paperback)Sports Illustrated Swimsuit Issue 2006 (Paperback)
Editors of Sports Illustrated


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ちなみにアメリカでは2月14日に発売済です。
詳しい内容が見たい方はこちら や こちら(動画:音あり)もどうぞ。(*^_^*)


話がだいぶそれましたが、今回のオリンピックでおもしろかったのは、スノーボードクロスとカーリングですね。
スノーボードクロスは、女子決勝の大どんでん返し(というか大ボケ)が話題になっていますが、あれほど順位が簡単に入れ替わる競技も珍しいですね。GP125ccよりすごいです。
大抵は集団の中で絡んでこけるパターンですが、遅れた選手が単独でベストラインを通ってきて、一気に集団をかわすパターンもあり飽きません。

それからカーリング。どこかのblogで『非常にテレビ向きの競技だ』と書いてあるのを見たのですが、まさにその通りだと思います。ただ、競技時間が長め(なんせハーフタイムにおやつを食べるぐらいですから)なので、興味のない人にはLiveはつらいでしょう。

私も最初はLiveで見てはいなかったのですが、『小林さん』の解説でおもしろさが倍増!カナダ戦はLiveで見たのにもかかわらず、閉会式前の再放送も見てしまいました。

『小林さん』とは誰?と思われた方は、トリノ五輪がもっと面白くなる 生島淳の「観る前に読め!」 第6回「カーリングの小林さん」って知ってる? をご覧ください。
『最近、日本中心の報道が目立ち、食傷気味でしたが、カーリングの小林さんの解説はバランスが取れたマスターピース――傑作だと思います。』とのコメントの通りだと思います。

小林さんの的確な解説で、ルールや基本的な戦略を知りましたが、欲を言えば、アメリカンフットボールやサッカーで使っている「チョークボード」があれば最高ですね。そうすれば、「7時の方向のストーン」なんて言い方をしなくてすんだし、狙っているラインの説明もよりやりやすかったと思うんですが。(以降気をつけるように>>N○K)

今回のオリンピックで、この2競技の知名度は一気に上昇しましたが、某国のマスコミのことだから、あっという間に忘れっちゃうんだんべねぇ~。
まあ、スノーボードクロスは、Winter X-Gameでもやってるのですぐ見られると思いますが、カーリングは4年後まで見られないのかなぁ?

『シムソンズ』が『ウォーターボーイズ』見たいに大当たりでもしないとダメかも・・・。
スポンサーサイト
Comment

[15]

初めまして。
ATOK2006なら当然です。
それだけでなく、「村主章枝(すぐりふみえ)」なんかも一発ですよ。一発。すごいでしょ?
(但し、「すぐりふみえ→変換」としないとダメだと思いますが)

MS-IMEで試しましたが、「章枝」なんて人名地名辞書にも載ってませんでした。
MS-IMEの場合、更新される辞書と言えば郵便番号辞書くらいだから当然と言えば当然なんですけどね。

[16]

>>さかともさん
早速のコメントありがとうございます。
やはりそうでしたか。
ふむふむ、では私も『すぐりふみえ→変換』と
村主章枝、おーっATOK17も一発で出ましたよ。
もちろん今回初めて変換した単語ですし、人名辞書はoffの環境です。ATOKますます恐るべし!

まあM$社は日本語に思い入れがないですからね。
95,98,2000,XPと使いましたが、未だにDOS時代のATOK6を超えられないですから。

[17]

>飛石稲荷さん
「鳥のオリンピック」は意味としては通じるので、しょうがないのかも知れませんね。
でも、ATOK17って2年前のものですよね?たぶん。
それでも一発って、本当に驚いてしまいました。
(でも、せっかく最新版を買って浮かれてたのにちょっとショック)

[18]

誤解のないように補足説明させて頂きますが、
「ATOK2006なら当然です」というのはATOK2006ならば当然トリノオリンピックも一発で変換できるという意味です。
(最初からそう書けば良かったです m(。-_-。)mス・スイマセーン)
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

わにわにの毎日

プロフィール


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。