--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005
11
29

J2第43節:●草津1-3横浜FC○

リーグ戦無得点は407分でストップしました。
前節山形戦と同様、試合の入り方はなかなかよかったように思います。
そして、前節とは異なり押し気味のうちに先制点!
以前小島がココでいっていた通り、佐藤正美は佐藤正美だった!酒井良からのクロスを右足のアウトで難しく決めてくれました。(以前書いた「鋭いご指摘」も参照してね)
てなわけで、このまま試合終了・・・になったことにしようよ。


今回は「ここんところTV観戦続きだったので、土曜日のホーム最終戦を見れば何かわかるかもしれません。」なんて思いつつ、いつものA席に陣取ったわけです。

で、久々に敷島感染じゃなくって観戦して感じたのは、J2の難しさです。
4回目の対戦ということは、お互いの手の内がわかった状態であるということなんですね。
今回横浜FCは徹底してバックラインの裏にロングボールやスルーパスを入れてきました。これは、43節終了後の監督コメント42節終了後の選手コメントなどからも、各チーム十分に対策を考えていたことが伺えます。
それに対して我が方は、せっかく先制しても同点にされたとたんに右往左往し始めてしまい、あっけなくまた失点・・・。
うちにもゲームプランはあるんでしょうけど、相手のある話なんだから、その通りいくはずはありません。当然これは相手も同じだけれども、うちには相手の出方に応じて変化する余裕がないように見えます。したがって、まんまと相手のゲームプラン通りに進んで6連敗、という結果に結びついたと思います。

試合終了後のセレモニーで、大西さんがあの絞り出すような声で語られた言葉には重いものがありました。
しかし、現状は「J1を目指すチーム」からはほど遠い状況です。

今日は11月29日・・・

プロサッカー選手に関する契約・登録・移籍について
1.プロ契約制度
1-9 契約更新しない場合の手続き
【1】クラブから選手への通知
クラブは選手に対し、契約期間が満了する年の前年の11月30日までに、契約更新しない旨を「契約更新に関する通知書」(書式A)により通知しなければならない。


来期に向けた方向性が示される期限が迫っています。
大きな変化が予想されます。

まあ、どのような形のチームになるにしろ、この「Jのある生活」の快適さ(時折、腹立たしさもあるが)からは抜け出せないでしょうから、ついて行きますよ~。まだ最終節がありますが、来年もがんばってくんないね。

とりあえず来年の目標
行くぞ、味スタ(なんじゃそりゃ)
スポンサーサイト
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

わにわにの毎日

プロフィール


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。