--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005
11
12

第85回天皇杯4回戦:●草津0-1新潟○(その3)

今さらながら続編,スタジアム編いきます。

まず,アクセスから。
新幹線で新潟駅に着いた後は,シャトルバスを利用しました。
距離は約4.7km,所要時間は15分ほどで料金は250円。
距離は前橋駅~(インターハイ道路経由)~敷島より若干近いぐらいです。
時間が早いこともあってガラガラ。
ただし帰りは渋滞していたため,20分以上かかったと思います。
帰りの乗車時は,行き先が新潟駅一本であるうえ,バスターミナルが広大なこともあって,スムーズでした。
まあ,観客が1万人程度だったせいもあると思いますけど。

それから,帰りに見た感じでは,マイカー:バス比率は7:3ぐらいだったかな。
いろいろなところで,駐車場出口渋滞がすごいといわれていましたが,うちとほぼ同時にスタを出た知り合いは,15時半時点で大渋滞のまっただ中だったそうです。
駐車場といえば,ここはすべて前売り有料(1000円/台)です。敷島でも有料駐車場やればいいと思うんですが,他のイベント/施設との兼ね合いもあり,場所の確保が難しいっすねぇ。

スタジアム自体は,まあこれが本物かな,という感じです。
お子さま曰く「敷島はスタジアムではない,ただの陸上競技場だ」とのこと。
Sゲートアウェイ入口には,開門5分前に到着。約50人ほどが並んでいました。
ビックスワン
そこで,回りを見渡すと道の反対側に「セーブオン」発見。
セーブオン
アルビサポの皆さん,ぜひうちのスポンサー様へご貢献願いますよ。
開場直前に雨がぱらついてきましたが,そのとき大西さんがすぐ横を通りました。声をかけようかとも思いましたが,ひとりで荷物を持って歩く姿を見て,なんと言えばいいのか言葉が出ませんでした。

スタンドは,アウェイサポ用として1階ゴール裏の3ブロックが区切られていました。約300人分といったところでしょうか。
最初は1/3ぐらいだったけど,ツアーバスが着いたあたりから席が埋まり始めて,キックオフのころはほぼ満席でした。
キックオフ1時間前


さすがにサッカー観戦を最初から考えたスタジアムであるため,1階席の一番後ろからでも,トラックが全然気になりません。ピッチとの距離は結構あるんだろうけど,傾斜が考えられているから大丈夫。
でも,失点場面は反対側のゴール前での混戦だったので,よくわかりませんでした。
それから,屋根があるっていうのは楽ですね。
選手には気の毒な天候だったけど,サポはいつにもまして全開でした。
応援でも新潟に負けるな,という気持ちが強かったはもちろんですが,自分たちの声が屋根などでよく響き,非常に気持ちよかったのも一因のような気もします。
キックオフを待つピッチ桜田たのむぞ

次に食事です。
あまりスタ食は期待できないとの情報を得たため,新潟駅で駅弁を購入。
「越後もち豚 豚角煮弁当」1050円なり。
弁当食べかけ失礼。このほかに肉団子が2個ありました
で,到着後はビール確保のため売店へ。
カレー・おでん・焼きそば・勝ちの種(柿の種:アルビマーク入り by亀田製菓)・・・・,勝ったな。
知り合いに聞いたら,リーグ戦の時はもう少しいろいろなものがあるといっていましたが,鳥めしだけで楽勝。
イカピッチャンやキュウリも最高。
来年は生ビール飲ませr・・・。失礼しました。

ただ,ビールにはリユースカップが使われていました。売店に返せば,上乗せ分の100円が戻るシステムですが,返すときも通常の売店の列に並ばなければならなかったため,ちょっとめんどくさかったです。まあ,通常より売店の数が少なかったようなので,普段はもっと楽なのかもしれませんが。
それ以外の飲み物は,500mlのペットボトルのままでした。

敷島のゴミ問題に関しては,夏頃だいぶ話題になりましたが,現状はどうでしょう?
持ち帰りはスタジアムのゴミの量が減るだけで,ゴミの全体量は変わりません。
その上,ポイ捨てを招く原因ともなります。
リユースカップのように,ゴミ自体を減らすことも含めて,もう少し違ったアプローチを考えていく必要があると思います。

とっくに京都戦が終わり,すぐ仙台戦になるというのに,(その4)も書いてます。
スポンサーサイト
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

わにわにの毎日

プロフィール


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。