--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008
05
06

2008 J2第11節:草津△0-0△甲府

また今年もドロー沼かよ。

しっかし、まあ、あきれるほど点がとれねぇやね。
そんな中でも、失点11とディフェンス面で健闘しているからこそのドロー沼、というところだいね。

第11節終了時点での失点11は、リーグ7位(もちろん少ない順ね)。
1試合平均の失点が1.1というのは、ウチにしては上出来なんでは?
と思い、10試合経過時点の得点/失点/成績を、過去4年間比較してみました。
シーズン得点失点成績
10試合合計1試合最多10試合合計1試合最多勝点順位
20052112/12
2006121913/13
200714138/13
20081113/15
確かに失点は着実に減少しています。
もし!もしも!万が一!このペースで行けば、『50失点以内』という目標は達成可能です。
ただ、得点がなぁ~。あの苦しんだ2005年レベルじゃん。
目標の『70得点』に達するには、あと60試合必要?!#$%

確かに、昨シーズン終盤やっとフィットしてきたカレカが抜け、その補充も出来なかったことから、当初からFWの枚数は不足気味でした。その上、氏家は故障がち(長期離脱ってホント?伊藤さん)、高田は絶不調、とくれば、後藤の大ブレイク、岩田の成長に期待するしか・・・・。

ただ、本当の原因はそこじゃあないかも知れません。
中盤のイージーミス、これは致命的です。

レシーバーのすぐ横に敵がいるにもかかわらず、足下へゆっくりとしたパスを出すパサー。
そのパスを、ご丁寧にも1歩も動かずに待ち受けるレシーバー。
そんなパス通る訳ねえじゃん。

とにかく、マークを外す動きはもとより、スペースを造る動き、そしてそのスペースへ走り込む動き&スペースへ出すパス、さらには、パス&ゴー、見受けられませんね。ほとんどが足下へのパスばかり・・・。こんなんじゃあ恥ずかしくって『ポゼッション・サッカー』なんて言えない。(言うつもりもないけど)

同じことは、スローインの時も起こります。
誰も動かない。仮に動いても、そのスペースを使う動きがない。
だから、スローインになるとゲームが止まっちゃうんです。

中盤でこんなことを繰り返すもんだから、結局行き着くところはロングボール一発。
高田はまだしも、後藤にヘディングで競らせるんだから、何を考えているのやら。

こんなんじゃあ、ジュニアユースレベルでも笑われっちゃうぜ。
全然お手本になってない。


この問題はだいぶ前から続いていると思います。
時折、なんかのきっかけで”プレス~ボール奪取~パス”というようにうまく流れる試合がありますが、それは1クールに1試合程度のこと。本質的な改善の兆しは見えません。

となると、試合内容の分析/ゲームプランの立案・徹底/ミーティング/練習メニューの作成、といった部分にも問題があると思います。
  • 試合と同じ緊張感を持った練習が出来ているか?
  • 試合に臨む際のモチベーションは高く保たれているのか?
  • 選手が失敗を恐れて、萎縮してはいないか?
もちろん、スタッフの数は限られていますし、植木さんはGM兼任で忙しいことは重々承知していますが、この際全ての基礎となっているルーチンワークを見直してみるべきではないでしょうか。


休み続きでダラダラしていたら、もう今日はマッチデイですね。
某スポーツ新聞のtoto予想では、
[徳島-草津:4試合連続ドロー中。今回もドローの確率が高いため、「0」だけで。]
などと書かれてました。
勘弁してくれよな、ミッシェル君。
(そりゃあ、「1」だけで十分、って言われるよりはいいんだけんども・・・)
スポンサーサイト
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

わにわにの毎日

プロフィール


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。