--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008
02
20

高速貨物第2092列車

連日の大雪で上越線のダイヤが乱れたため、本来夜しか走らない貨物列車が昼間にやってきました。
水上3番線到着
秋田貨物発東京貨物ターミナル行き高速貨物第2092列車。
前日の17時50分に秋田を出たのち、長岡を経て水上を4時頃に通過、終着の東京貨物ターミナルには11時30分に到着するダイヤなのですが、この日水上にやってきたのは、11時ちょっと前。すでに6時間以上遅れています。
上越線・夜の主役
基本的に上越線の貨物列車は、EF64形1000番台が2両連結(重連)で牽引しており、最大1000tの貨物列車が峠を越えています。今日は1035号機と1027号機のペアでした。
このEF64形電気機関車(Wiki)1000番台は、従来のEF64形の急勾配対策をグレードアップしたうえ、上越線向けに耐雪装備を強化したもので、1980年から1982年にかけて53両製造されました。そのうちの40両がJR貨物高崎機関区に所属しており、20年を経過した今でも、清水越えは彼らの天下です。
お昼寝中・・・
現在、上越線の貨物列車は夜しか走っていないため、昼間は高崎機関区でお休みしてます。
(以下、鉄分の多い方向け)
お先にどうぞ・・・
11時02分発の「水上2号」上野行きに道を譲る。

出発!
11時20分ごろ、おもむろに出発。

JR貨物標準12ftコンテナ
JR貨物の主力12ftコンテナ

私有20ftコンテナ
船舶用規格と共通の20ftコンテナ(ISOコンテナ)


Research Cabinって?
型式はZX45Aとあります。ググってみると、どうもJR貨物の試験・測定用31ftコンテナのようですな。世界初の動力分散式を用いた貨物電車M250系(Wiki)の性能試験に使われたらしいので、もしかして上越線にもM250系が・・・?
スポンサーサイト
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

わにわにの毎日

プロフィール


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。