--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007
02
01

回送列車?

鉄ネタについては、毎回三束雨さんのところ (あら、鉄ネタがかぶった) に反応するばかりだったので、たまには自分でネタ出しします。(だいぶマニアックですが)

E233系回送(その1)
湯桧曽~水上間:定番の第六利根川橋梁 [拡大]

E233系回送(その2)
水上~上牧間:水上発車! [拡大]

E233系回送(その3)
水上~上牧間:新しい中央線の顔 [拡大]

ということで、回送列車(厳密に言うと配給列車)です。
新潟市にあるJR東日本新津車両製作所で製造された中央線用E233系電車が、上越線~高崎線~武蔵野線を経由して、配置先の豊田電車区へ向けて回送されているものです。
このE233系は、高崎線や山手線で走っているE231系
E231系
と並ぶJR東日本の主力通勤電車で、中央線と京浜東北線に順次導入される予定です。
で、上に書いた通り、JR東日本は電車を運転するだけではなく、自分でも作っているんですね。知らなかった人も多いのではないでしょうか?(鉄分の多い人にとっては常識ですが・・・)

現在、自社(関連会社)で車両を作っている鉄道会社は、なんと言っても東急電鉄(東急車輛製造)と近畿日本鉄道(近畿車輛)が双璧でしょう。いずれも、現在自社線のほぼ全部の車両を製造しているだけではなく、各JRを含む国内向けに加えて海外向けの車両も製造しています。
また、過去には、
 ・西武鉄道(西武所沢工場:1999年まで)
 ・阪急電鉄(アルナ工機:2001年まで、路面電車のみ継続)
などもありました。

これに対して、新津車両製作所では1994年から本格的に製造を開始し、現在では年間250両の製造能力を持ち、他社の車両も製作しています。また、新津車両所時代の1988年から1990年にかけて、群馬県内どこでも見られる107系
107系
を製造した実績があります。

ちなみに車両の製造会社は、誰にでもわかります。最近のE231系などは車内の壁面にある車両番号(クハE231-××××等)の横に書いてありますが、107系などは同じところに社名のプレートがついています。また、車両間の連結器のにも社名プレートがあります。電車に乗る際、ちょっと気にしてみてはどうでしょう?


といっても、私は、昨年の夏、味スタへ行って以来、電車のたぐいに乗っていないような気がします。(典型的な群馬県人?)
我が家で最も鉄分の多い息子も同じ状況ですが、最近、『京浜急行の快速特急に乗りたい』と騒いでいます。
やはり、タモリ倶楽部「赤い電車で久里浜工場へ」を見せたのは失敗だったか・・・。
スポンサーサイト
Comment

[31] おー!

鉄道ファンの表紙だぁ!
・・・って、やっぱ読んでんじゃん、オレ。^^

それにしてもかなりの鉄分、全然ついてけませんから。
本当ですよ。

[32]

>三束雨さん
鉄道ファン読んでりゃあ、もう鉄分は十分。
レバーなんか食べなくっても大丈夫ですよ。

逆に、私には三束雨さんの八高線ネタのような文書は書けませんから。

 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback

999な八高線

丹荘~群馬藤岡。テールランプと室内灯の明かりだけを残して走り去る八高線。この写真を見た末娘がひと言。「え~!なんで空飛んでるん?」確かにメーテルが乗っていそうです。(やべー、もうすぐ「鉄」カテ作りそう・・・)
Trackback URL

«  | HOME |  »

わにわにの毎日

プロフィール


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。