--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006
10
14

2006 J2第44節:草津△0-0△鳥栖

今日は仕事のため、J's Goal観戦でした。
今、群テレで見ていますけど、高木の神セーブ連発。
山口のゴール(幻)はやばかったですね。
おっと、高田ぁ~。枠へ入れろよ!

負けなかったのは良かったけど、点が取れませんなあ。
折角、勝ち点40点台の3チームがそろって負けてくれたのに。

でも、これで10位との勝ち点差が4!
しかも、次節は11位の愛媛との直接対決とくれば、
敷島は盛り上がる・・・かなぁ?
今日は2362人。
前橋祭りとバッティングしたとはいえ、ちょっと寂しすぎるな。
三洋電機やアルテとのイベント開催など、いろいろ手を打っているんだけど、
やっぱり、勝って順位を上げないとインパクトがないのかな?

昼間はJ's Goalを覗きつつ、G大阪-横浜FMを見ていたのですが、
(あくまでも仕事の合間にですからね)
山瀬の得点シーンを見て、やはりJ1は違うなと思いました。
[ペナルティーエリア左角近辺のプレー]
 ○山瀬:中盤からのボールを後ろ向きで受ける体制に入る。
  (訂正)スパサカみたら、左タッチライン際の坂田からのボールでした。
 ○DF:山瀬をマーク。
 ○ドゥトラ:フリーであがってくる。(山瀬のななめ後ろから真横へ)
 ○山瀬:左のドゥトラへはたくそぶりを見せる。
 ○DF:当然、左側をカットに行く。
 ○山瀬:ボールとDFの間に体を入れ、反転。
     →フリーとなり、ニアポスト際へシュート→Goal!
山瀬のプレーは、ドゥトラをデコイランとして自分で決めた訳ですが、素直にはたいても十分okだったでしょう。つまり、パスの出し手と受け手だけではなく、3人目(ドゥトラ)の動きが、プレーの選択肢を広げ、相手を惑わすことになったわけです。

うちの攻撃時には、ドゥトラが見せたようなボールをもらう動きが足りないと思います。
つまり、島田がボールを持った時に、サイドに開く動きはあっても、後ろから押し上げてパスをもらう動きが不足している、ということです。

今日の前半にも、サイドで行き詰まってバックパス。さらにバックパスなんて場面がありました。
その間に、相手のディフェンスラインが整い、押し上げてくる。
となると、2トップも引かざるを得ない。
そんなことをしているうちに、プレスを食らって、ボールを失い逆襲!
なんて場面をよく見ます。

試合後のコメントでは、みんな押し上げ不足や中盤の連携不足を指摘していますので、わかってはいるんだけど実現できないのがもどかしいようです。
(それから、山口に評価してもらったのは、ちょっとうれしいです。)

48試合の長いリーグ戦も、もう残り7試合です。
もちろん順位を上げることは大事ですが、もっとワクワクする試合を見せて欲しいですね。
スポンサーサイト
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

わにわにの毎日

プロフィール


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。