--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006
09
29

2006 J2第42節:草津△0-0△湘南

急遽、都合が付いたため、6時過ぎにいつもの席へ滑り込み。
花火も見られました。
むなしい花火
って、そうじゃないだろ。

どうも今年は私が敷島に行くと勝てないようです。申し訳ない。 <(_ _)>
・行ったとき:1勝5分3敗
・行かなかったとき:5勝3分0敗
敷島で負けた試合、全部行ってるのかよ・・・orz
アウェー味スタもドローだったし。
国立で草津節を歌った皆さんがうらやましいです。

ということで、また連勝できませんでした。
要点は毎度の通り、伊藤氏のレビューを読んでいただければ十分かと思います。
(珍しく厳しい書き方です。まあ、仏の顔も三度までなのに14回じゃあね。)
確かに、前節6失点の影響なのか、湘南のDFラインはかなり低い位置に見えました。それに対して、こちらも意図的にDFを下げていた(by高田)らしいので、高い位置でボールを奪うことができませんでした。このため、自陣でボールを奪っても、前にスペースがないため、横パスが多くなり、スローダウン。某代表監督が言うところの「各駅停車」状態でした。
まあ、悪いときはその横パスを相手にプレゼントしまくることもありましたが、今回は最小限のミスだったため、負けずに済んだと言うところでしょうか。

まあ、DFライン自体は安定していましたね。
特にチカは空中戦ほぼ全勝。ポジショニングも抜群でした。
田中はもう骨がくっついちゃったのかしら?と思わせるぐらいでした。
あとは、秋葉の存在は非常に大きいですね。DFラインに対してコーチングしていたかと思えば、ルーズボールを追って、自陣からキーパーまで詰めていったりと随所に顔を出します。
秋葉が入ってからは、鳥居塚や竜が上がっていくケースが増えたような気がします。

それから観客4,545人というのは、平日ナイトゲームとしては今期最高でした。
(神戸ウィング:3,865人・札幌厚別:3,896人を上回ってます。)
もっとも、かなり招待券を配ったようで、うちにも育成会経由で話が来ました。
息子のクラスでも、結構な人数が観戦していたようです。
初めて見る人も多かったと思いますが、ここで勝っておけばリピータが増えたかもしれないのに・・・。
やっぱり、ゴールの瞬間のあの盛り上がりは、テレビじゃあ伝わりません。
なのに、よりによってスコアレスドローとはもったいない。
同じドローなら、2-2ぐらいの方がよかったな。

さて残り9試合です。
愛媛さんも今節はお付き合いのドローで、勝ち点差1は変わらず。
その上の水戸さんはだいぶお悩みのようで、勝ち点差は5となりました。
10月は3試合ともホーム、おまけにミッドウィークの45節がお休みという絶好のシチュエーションです。
何とか、次節仙台戦を乗り切って、追い上げムードにしたいところです。

って、書いていたら・・・
ガーン、島田負傷だって。
・診断名:梨状筋筋損傷(りじょうきんきんそんしょう)
・全 治:約2週間
仙台戦はもちろん、天皇杯もやばいかも。
ど、どうしよう。
スポンサーサイト
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

わにわにの毎日

プロフィール


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。